あるクラリオン星人のと対話


by bwv1001

一歩君を見せる

 「君のところにも、こういう格闘技とか、ボクシングみたいなのはあるの?」

 『あるわ。こういうの』

 「それで精神も鍛えるんだろうか?」

 『肉体と精神をべつべつに鍛えるなんてことはしないわ。あなたたちのサンスクリットの歴史の言葉でいうと、スポータということばは、精神も肉体も一体の力、という意味でしょ。

 だから、精神だけ取り出すとか、肉体だけ取り出すとか、そんな分裂的なことはしないわ』


 「じゃあ、どうして、ウチらは、そんなヘンなことをやってるんだろう?」

 『権力者が困るからよ。精神と肉体とが一体のものなら、勝つことも難しいし、支配するのに都合が悪いからよ。自己分裂させておけば、本当の力を出すことはできないわ。力を封じさせておくやり方よ』


 「てことは、君らの船を見て、権力が情報を隠蔽する理由と同じなのかな?」

 『そうね。実に下らないけど。2012年の箱船も、権力だけが生き残ろうとしている証拠ね。そういうのは、わたしたちが伝えたいこととは、ちょっと違うわ』


 こんな会話を、筋反射テストでやっている。


 神である存在を、君、とするのは、妙にみえるかもしれないけど、ドイツ語のduzenでいい、というので、君とか言ってる。でも、だいたい、普段は頭のなかでは、名前で呼んでいる。

 ちなみに、ゲルマン語聖書の翻訳で難題であったのは、ゲルマンの八百万の世界に、「一神教」という感覚と概念を持ち込むことだった。そこで、ゲルマン語とギリシャ語のバイリンガルであったウルフィラは、当時死語であったゴート語の「ゴッス(フォントがないのでカタカナ表記)」という言葉を、その神の訳語として選んだ。

 そのゴッスという言葉の意味は、「話し相手」という意味だ。まさしく、その語源通りのやりとりをしている訳だ。

 『このスタイルの翻訳、悪くない』と言ってくれているので、しばらくこれでいくか。


   2010年の冬の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2011-09-10 20:06