あるクラリオン星人のと対話


by bwv1001

ウニヒピリさんの反応

 ウニヒピリ、というのは、ホ・オポノポノの言い方で、他の言い方でいうと、だいたい、深層意識とか、インナーチャイルドという言い方と対応しているらしい。

 現在は、ウニヒピリさんの言い分を聴きながら暮らしているが、意外な反応をするのは、「煙草吸いたい」ということが多いのである。

 たいていの場合は、ストレスの多い記事を読んだり、話したり、書いたりした後のことである。お茶で済ましてくれるときもあるが、煙草を求めるのである。

 実際、震災と原発事件のあとは、煙草の量が倍増している。そこにきて、きょうはとうとう2012年問題のメインであった、太陽活動の事件が起こった。今回は地球直撃、という訳ではない様だが、規模は大きく、放出されたプラズマの量が半端ではないそうだ。

 その記事は、割と控えめに出ているし、被害の予測も驚くほど軽微な様に書かれている。しかし、原発事件の政府対応や報道や東電のことを考えると、そう軽微なものとして評価していいのかどうか、疑問が残る。つまり、現象は捉えているのだが、報道として小さすぎるし、天体規模の事件であるから、予測を大きな被害として、対策を報道した方が真っ当だと思われる。

 現に、さきほどいらした方の日記を拝見したら、新宿でのことだが、方位磁石が、ちゃんとした方向を指さないという。というりより、驚きなのであるが、方位磁石が二時間で一周するという現象が見られるというのである。

 これが、今回の太陽フレアの影響によるものか、あるいは、世界規模の災害の連発と関係した、磁場の乱れ、あるいはポールシフトによるものか、よく分からない。

 だが、私が調べた限りでは、世界規模の天候異変と地殻活動というのは、太陽活動に影響されているというものが幾つかあり、また、その原因というのが、3600年周期で太陽を回っている、という惑星X、あるいはニビル、という惑星の太陽接近によるものなのではないか、という説がある。繰り返すが、太陽にとって、惑星Xは、花粉のようなもので、その花粉で太陽がくしゃみをしたら、太陽系はどうなるか、ということが、起こっているのではないか、ということなのだ。

 その説をとると、地球規模で頻発する異常気象と地殻変動は、太陽活動の変化を無視しては語れない、ということになる。

 私が調べた本の幾つかには、過去の文明の記述からすると、例えば、津波の波高は、7000メートル、というものがある。東北どころではないのである。

 その様な天変地異で、過去の文明は、あまり残っていないし、そうした文明に於いては、共通してそうした世界の破滅を語っているのである。

 その意味では、震災にしても、この何日かに起こるかもしれない太陽フレアによる被害も、まだほんの序章である、ということになる。

 起こらなければそれでよいのだが、無視はできないのである。

 ウニヒピリさんの反応は、こうした記事に敏感に反応した結果ではないかと思われる。ウニヒピリさんに「将来に対する不安?」と聴くと、「不安じゃなくて、恐怖だ」と答える。煙草くらいないとやっていけない、という具合なのである。

 逃げ場もないし、その歴史を生きるしかない、ということで、せめて煙草くらい、というのが情けないが、他に適切なケアをすることができないのである。ウニヒピリさんには、本当に申し訳ない。

 ウニヒピリさんは、決して情報を見たくないとか、否認したい、とは言わないし、むしろ知りたいと思っているのだが、本当に何もできない。

 ただ、本当の情報を探し当てることが、ウニヒピリさんには役に立っているという。原発事件のときのわれわれと同じなのである。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2012-01-20 20:09