あるクラリオン星人のと対話


by bwv1001

反原発集会

 きのう夕方、新宿のサイゼリヤでメシを食っていたら、原発反対の風船をもった女性たちが入ってきた。デモをやっているのか、と彼女らに聞いたら、アルタ前で集会をやっているという。急いで食って、行ってみた。

 すると、アルタ前は、警官と警察車両に囲まれて、何をやっているのか分からない。ただ、かねやたいこの音はする。

 アルタのところに立つと、警官に囲まれて、デモというより、延々とサンバやらなんやらと、いろんなリズムが刻まれている。反原発というより、サッカーの試合に来た様な騒ぎである。

 最近のデモというのはこうなってるのか、と思いながら近づいていくと、いろんなビラをわたされる。でも、ビラの内容を見ると、原発とは関係ナイものも結構あるし、原発と沖縄を結びつけてしまったり、ワーキングプアや非正規雇用問題のビラだったりといろいろである。

 ここには、いろんな社会の怒りや不満が渦巻いている。

 時間は20時を過ぎて、20分くらいだったが、警官が解散を告げたところ、却って盛り上がってしまった。35分頃は、警官は一度撤収し、立て直しに入る。その後、警官突入。逮捕者が出たかどうかは分からないが、9時にはサンバは消えてしまった。

 捕まらないうちに帰ろう、と呼びかけた人もいるし、警官に詰め寄るオッサンを引き離す人もいた。

 いずれも、権力の管理の下でやられていた集会なので、どこに意味があるのか分からない。きのうの様子だと、アルタ前自体が、集会等の禁止区域にされる可能性もある。

 原発反対集会、というのは、お祭りみたいになっているところがあって、これがどこまで効果的なものかは分からない。一言も発せず、座り込み、とかの方が、警官も対応に困るかもしれない。

 いずれにしても、これは携帯や動画で撮影されていて、どういう目的で使われるか分からないYou Tubeあたりに投稿されるだろう。

 本来の原発反対運動から、どこまで逸れていると見るか、背景にある社会不安や雇用不安などを取り込まないとこういう運動は成立しないのか、ちょっと難しいところである。まったく関係ない運動のビラをまいている人もいて、いろいろな形で、この集会は利用されていた。風船にも、あとから友人に指摘されて気がついたのだが、商標登録のRのマークがデザインについていた。

 考え方だが、原発反対運動を利用して、商売をしている人間がいる、別の運動に巻き込もうと活動している人間、別な運動と原発反対運動を結びつけて人を集めようという人間、などがちらちらと発見され、やり方としてはずいぶん下品な活動だ、とは思った。

 今回は偶然近くにいたから、その場にいた、のであるが、原発反対を表明するにしても、どこのヒモがついた集会であるかが分からないというのはイヤだし、関係ナイ運動もリンクしている、ということで、原発反対だけを表明するために参加する、ということがしにくくなっている。

 全く余談ではあるが、この集会を遠巻きに見ている女性の方々というのは、まともそうな顔つきの方が多い。薄っぺらでない印象を持った。これが偶然なのか、別に意味があるのか分からないが、注目すべき現象であった。

 それにしても、毎月11日には、こんな光景が展開するのだろうか。きのうは土曜でもあったし、特別ではあったのだろうが。

 どこのヒモもついていない集会だったら、参加したい。できれば、「音を立ててはいけない」くらいの集会の方がいい。旗のはためく音しかしないヤツがいい。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2012-01-21 23:05