あるクラリオン星人のと対話


by bwv1001

地割れ・水蒸気の噴出、福島

 前の日記で、知人から勝手に頂いてきたニュース映像について、調べてみたが、同じ様な現象に関する作業員の証言がある、という記事を、師匠から頂いた。以下である。文字だけのブログなので、携帯からも直接読めるかもしれない。以下である。

http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/26ea73eff5b8b8d698d21dc57d1b10ba

 そもそも、「放射線防御プロジェクト」という題名のものである。以前もこの頁を拝見した記憶がある。

 福島第一原発の作業員の人が、地元関係者に、「敷地内に​ある地割れから水蒸気が噴出。周りが真っ白になり、作業員が一時退避した。地下で反応しているようだ。風向きでそちらの線量に注意して」という内容で、連絡があったそうだ。

 この記事では、爆発の危険性も指摘されているが、政府や東電や保安院からの説明もなく、過去にも類例がない、という現象としている。

 この現象について言及しているのが、昨日挙げたロシアのニュースなのだが、以下である。英語音声、日本語字幕がついている。以下である。

http://www.youtube.com/watch?v=4bD7SuXVpc4&feature=player_embedded (※現在削除されている)

 きょう紹介したブログと、ロシアのニュースの記事で一致している点は、「地面から水蒸気が出ている」という一点しかなく、有効な情報がないのである。

 ましてや、きょう紹介した日記では、現場の作業員から、日記を書いた人への知人に対して、地面から水蒸気が出て、作業員は待避した、という内容を知らせた、という話ししかないのである。

 政府や東電や保安院や専門家に全く信頼のない今、何が本当の情報であるのか、判断することすらできない。もう、情報については、個人の嗅覚で判断することしかできないのである。つまり、日本には国家というものが存在しないがために、われわれは、多大な被害を被っているのである。

 いまのところ、有効な情報は、普通のキーワードでは見つかっていない。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2012-02-26 22:10