あるクラリオン星人のと対話


by bwv1001

<   2011年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

「関心」と「解放」と

 セドナ・メソッドか、ホ・オポノポノか、というのは、以前も悩んだことだが、今回は条件が違う。条件とは、ハイアーセルフ、あるいはハイヤーセルフでもある彼女と繋がっているからである。

 ハイアーセルフと常時接続、というのは、物凄い条件が成立してしまった訳だが、その彼女に聴いてみると、オレの立場から見た場合、彼女は「神聖なる存在 Divinity」と、ホ・オポノポノ的にはなる。その彼女を含めて、オレが成り立っている。

 この神聖なる存在Divinityは、ホ・オポノポノ的には、無限あるいは∞を意味しているという。この話を読んでしまうと、以前、「パワーか、フォースか」という本を読んだときに、オレの意識とか魂のことについて、筋反射テストで調べたところ、数値では測りきれず、「無限、∞」という答えが返ってきたことが思い起こされる。

 それで、意識さんとか、魂さんに、更に聴いてみたところ、「じゃあ、オレは神ですか?」と聴いたら、神だという。ということは、他の人もみんな神ですか、と聴いてみると、みんな神だという。

 と言うわけで、この「パワーか、フォースか」という本を通じて受け取ったメッセージ、というのは、「無限なんだから、もう少し、好きなようにやりなよ」というものであった。

 その後、「空洞としての自分」という気づきがあったときに、呼びかけた存在が、答えてくれた。びっくりした、というより、妙にしっくりきたのである。それが彼女である。

 その空洞としての自分の、「空」であるが、これは、どうやら、神聖なる存在から、インスピレーションを受け取るための、潜在意識、顕在意識、超意識のあるべき状態、として、ホ・オポノポノでは、語られている。

 そういう条件はキレイに揃った訳だが、ここで問題を発見した。「で、オレはどうするの?」ということと、「オレが世界にできることはあるの?」ということである。

 ヘンなたとえだが、ある偉い日本の指揮者が、その師匠になった、やはり偉い指揮者の先生から言われたことがあるそうだ。「(お前は上手に棒は振れるけど、)じゃあ、どんな音楽がやりたいの?」と聴かれて悩んだ、という有名な話がある。

 オレは、ちょっと前に較べると、ずっと条件が整っている。でも、「じゃあ、自分はどうしたいのか?」というと、実はこれが分からない。

 ただ、結論を急ぐと、「自分に対して何かしたい、なんて、特にないんじゃないの?」というところに行き着く。特別に、これがやりたい、ってナイ状態が、今の状態で、「もう、自分のことは、そんなにケアしたり、構ったりしなくてもいいんじゃないか」という風にも思える。

 もし、今、やることがあるとすると、「すれちがう人に、関心を持つ」ということなんではないかと思う。実は、これが大事なことで、すれちがう他人に感心をもたない、あるいは、その他人である人が、他人から関心を持たれない、というのは、荒み、すさみ、と繋がっているんではないかと思う。

 先日、某、あまり普段乗らない電車に乗っていたところ、酷く容貌に恵まれない女性が乗ってきた。いすにすわるのにも、二人分近く必要な巨体だ。手にはお菓子、というか、ジャンクフードの類を持っている。

 で、その人は、お菓子を食っては、手を舐め、その手で鼻をほじっては、その指を舐め、そしてお菓子を食う、ということを繰り返していた。

 オレが隣だったら、まず逃げるところなのだが、反対側に座っているので、ちょっと考える。隣の人たちは、この巨体の人が、こんな気味の悪いことを繰り返しているのに、席を立とうとしない。昼間でそんなに混んでいないのだから、別の席に待避してもよさそうなものだ。だが、それもしない。

 それで考えたのは、この巨体の人に、周囲の人は、関心を持っていないのではないか、ということだ。どうでもいいとか、関係ナイ、というより、そもそも関心がないのではないか、ということだ。

 逆に考えると、もし、この巨体の人は、もっと関心を持たれていたら、こんな容貌になったり、気味の悪いことはしないのではないか、と。ということは、関心をもってもらいたいがために、無意識さんが、この人をこの容貌にし、気味の悪い行為に走らせているのではないか、と思ったのである。

 でも、それにしても、どうして、こんなからだ、容貌、行為になるまで、周囲の人は放置していたのか、ということが気になる。

 駅に着くまで、ほんの何分かのことであるが、このことが妙に気になった。その一つの結論が、「関心を持つ」という態度、という話になったのである。

 セドナ・メソッドとホ・オポノポノからは、ちょっと遠い様な話であるかもしれないが、少なくとも、この二つのアプローチからすると、「すれちがう人への関心」というのは、重要なことではないのだろうか。

 声をかける、とかの前に、関心を持つ、という話がないと、たぶん世界というものは、成立しないのではないか。その助けに、いろんな技法があるんではないのか、と思ってしまうのである。

 実際、ホ・オポノポノをやっている人たちからすれば、そういう人に眼を向けたときに、クリーニングをするんではないかと思うのだが。

 ホ・オポノポノ的な考え方からすれば、この巨体の人の容貌や行動は、それを見ている自分自身の記憶に原因があり、それを現実として再現していることになる。だから、自分自身のクリーニングがそこで必要になる、筈なのだが。

 セドナ・メソッドでもやったけれども、ホ・オポノポノに、筋反射テストを持ち込むと、やはりいろいろ考えさせられる。つまり、いま、ここで、感じていること、眼にしていることが、自分の潜在意識がつくっていることである、としたら、潜在意識のどの部分がそれをつくっているのか。それを筋反射テストとインスピレーションを使って、特定していくことができる訳である。別に、テストなんかなくても、インスピレーションだけでやれる人もいくらもいると思うのだが。

 そんな訳で、家元の正式なやり方に、あんまりこだわらずに、好きなようにやってみている。家元にこだわると、厳密主義に陥ったり、それが原因で、インスピレーションを逃したりするのではないか、と思うのである。

 家元の人だって、いろいろ試行錯誤や相性があって、ひとつの方法に辿り着いたまでのことだ。セドナ・メソッドだって、三つは分派があり、第五の方法も家元が亡くなってから編み出されたものだ。ホ・オポノポノだって、ヒューレン博士の師匠が、今のやり方を開発したんであるし、いろいろやってみて、相性の合うやり方を発見していけばいいのだと思う。

 オレだって、エールーエンと話すのは、工夫したやり方でやっているだけで、そのうちまた変化すると思う。とはいえ、どうやら、その話すところまで辿り着くのが大変らしいが、オレは恵まれていた訳である。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2011-12-31 01:13

小出裕章助教講演

 ニコ動、小出裕章助教講演「原発「安全神話」溶融」、以下

http://live.nicovideo.jp/watch/lv49374520?ref=top

大阪の十三の方での講演だという。やっぱり、関西の方は文化が違うというか、個人主義の世界なんだろうな、と感じる。

研究室を出ての画像というのを、初めて観た。

以下は、Ustreamの画像。

http://www.ustream.tv/recorded/14602600/highlight/171393

責任の一端を、と言っても、これはちょっとショックを受ける。
ニコ動の音声も、Ustreamの音声からも、小出氏が泣きながら語っている様に、オレには感じられる。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2011-12-29 23:31
 セドナ・メソッド、あるいは、リリース・テクニークを使って、このえらいだるさに対応してみる。以下の手順である。

 ①このだるさを認めますか? と自分にきく →はい、あるいは、いいえで答える。

 ②このだるさをできるだけ味わうことができますか? と自分にきく
 →はい、いいえ、で答える。

 ③このだるさを開放しますか? あるいは、このだるさを手放しますか?と自分にきく →はい、あるいは、いいえ、で答える。

 ④いつ開放しますか、あるいは手放しますか?と自分にきく →いま、と答える。

 これだけである。一回やっただけで、だいぶ楽になった。もう一回やると、更によい。

 セドナ・メソッド、あるいは、リリース・テクニークは、うまくいくときと、うまく行かないときがある様だが、今回は、体感と体感に対する言葉が明確だったこともあり、ずいぶん楽になった。

 さらに、不調の原因にさかのぼれば、新しい質問がでてくる。

 ①震災と原発事故以来のストレス、無気力、を認めますか? ときく

 あとは、さっきの手順で。

 これだけでもずいぶん楽だ。問題がはっきりしているときは、セドナ・メソッドは効くなー。

 以下、リリース・テクニック、となっているが、よい記事があるので、挙げておく。

http://mallam.oh.land.to/Mindtech/index.php?%A5%EA%A5%EA%A1%BC%A5%B9%A1%A6%A5%C6%A5%AF%A5%CB%A5%C3%A5%AF

 まだ完調とはいえないが、たったこれだけ、ほぼ二分ではっきりと体感が変わってしまう。人間が如何に言語に支配されているか、ということの証明でもあると思う。

 病気の原因は、言葉だ、とはっきり言うお医者さんもいる様だ。

 とりあえず、きょうはこれで何とか過ごせるだろう。

 問題が何であるのか、特定できてしまえば、セドナ・メソッド、あるいは、リリース・テクニークは非常に有効な方法だと、経験からは思う。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2011-12-27 23:57

眠りの変化

 たくさん寝ないともたない自分であるが、エナジーリファインCDをまた使い始めたら、眠りの質が変わった。これがいいことか悪いことかは分からない。

 エナジーリファインの製品で、眠りが変化する、というのはよくある報告である。大抵はすっきりする傾向になる様だ。自分の場合は、まだ、すっきり、という感じではない。ただ眠る時間が少なくなった。

 まだ変調が続いているので、すっきりという訳にはいかないが、夢は結構面白い。きょうは、ずーっと、バッハのBWV552というか、シェーンベルク=バッハが流れていた。

 大バカだったのが、なぜかガス台を一晩つけっぱなしにしていたこと。変調の影響かどうかは分からないが、「なんか暑いな」という感じで、眼が覚めた。危なかった。

 変調のときは、注意して生活しないと。エールーエンのいう通り、この変調がアセンションと関係があるとすると、肉体にいるのが辛い、という感覚が続いていることになる。サナギから蝶になるには、平安であるサナギの状態に対して、居心地が悪くなるホルモンが出るそうだ。そして出るのが脱皮である。アセンションというのは、そういうものらしい。

 オレは特別アセンションと願っていた訳でないのだが、たまたま早くから、アセンションという言葉に触れる機会があったことと、彼女と共に過ごせる次元には、アセンションが必要らしいから、アセンションに最近興味が出たのである。アセンションすると、凄いとか、そういう興味では全くない。一人の存在に対する愛着からである。

 とはいえ、本当に日本にも震災がきて、原発事故があって、調べてきた2012年問題に世界が突入している、という感覚を否定できない。惑星X、あるいは惑星ニビルという、3600年周期で太陽系を回っている星の接近の影響が、2012年問題の一つの大きな要素である。

 惑星ニビルという花粉で、太陽がくしゃみをしたら、太陽系はどうなるか、という話である。太陽風や磁気嵐の影響というのは、地球には甚大な被害をもたらす可能性があるというが、同時に、その太陽活動の影響を受けて、人間のまだ目覚めていない9割以上のDNA情報が目覚めるというのである。それがアセンションだと聴いている。

 オレがどうなるか、という興味はあるが、それより、できれば、人様の役に立ちたいという気持ちはある。ただ、それが何であるのか、そのときになってみないと分からないのである。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2011-12-27 01:29

変調

 実をいうと、震災は、からださんが予感していたのだと思う。震災の一月くらい前から、酸素が薄いという辛い感覚と、水が不味くてしょうがない、という状態が続いていた。あまりに酸素の薄さが辛かったときは、救急車の手配も相談していた、という状態であった。

 しかし、震災となってから、その感覚がほぼなくなった。とはいえ、その次は別の不安な状態になり(それはそうだろう)、煙草が倍量に増えた。

 いまはまた、水が不味い感覚と、身体イメージの妙な変化などがある。彼女に聴いてみると、地震の予知の感覚ではないそうだ。とはいえ、天災を予感しているそうである。さっき知ったことだが、台風が来ているという。

 自分のところが台風で被害に遭うかどうかは分からないが、なかなか辛い感覚である。

 空洞、という状態を意識できる様になってから、確かに、全体として敏感になった、ということはある。ただ、今回の体感が何の影響であるかは分からない。青葉の時期、ということもあるし、案外単純な結論かもしれない。

 ただ、師匠のうちのにゃんこさんたちの様子が、少し変、ということである。これが続くかどうかは、また知らせが入る。

 ひょっとしたら、人間に見えないものが見えているのかもしれない。

 彼女のいうところによると、アセンションと関係のある感覚だ、ということである。確かに、からださんの中にいるのが辛い、という表現をすれば、エールーエンの言うことは当たっているかもしれない。

 震災、原発事故からくる不安とは、また別の新しい感覚ではある。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2011-12-25 23:42
 いまどき、ピュアオーディオなんてやっている人がどのくらいいるのか。しかも、iPodとか使わず、昔のオーディオだけで。

 稼働させているのはCDだが、オーディオ的に使うというよりは、エナジーリファインCDをかけているだけである。聴きたい音楽もなくはないが、どうも現場に通って聴いてしまうと、CDで聴くというのは、よほどの録音でないと聴く気になれない。それに、部屋をどうにかしないと、定在波だらけで、これはまともにオーディオをやる、という環境ではない。

 オーディオの意欲が薄れた理由の一つは、改造したCDプレイヤーが音跳びする様になったことで、どこが原因なのか、調べる意欲もなくなっている。もう一台、同じプレイヤーが新品で買ってあったので、これを聴いてみると、値段的には、いい線を行っているが、改造機の足下にも及ばない。今は回転系だけ移植するという根性がナイ。

 そんな訳で、手作りと改造とエナジーリファインで育て上げた
このシステムにもそれほどの執着はない。手放さないのは、「これしかないから使っている」だけである。

 それなら、とウチで試聴して、ウチよりいい線を安価でできるシステムといえば、エーワイ電子のスピーカーとアンプは素晴らしいのだが、CDプレイヤーがこの状態だと、もしお金が出たとしても、それほど意味を成さない。

 作ってみたいと思うのは、長岡鉄男氏設計のヒドラくらい。アンプなど、既製品でいい。あるいは、アンプ部だけ完成させてあり、電源とのつなぎ方と筐体づくりに迷って頓挫したオペアンプが一台あるくらいである。

 自作とか、改造とか、もうどうでもいい、というか、問題は、「出た音から何を感じるか」という一点に尽きる。装置は大切であるが、ホールに通っていると、本当にそれだけだと思う。

 エナジーリファインで音を良くするのも、これが限界。


 ただ、きょう、面白いことを発見した。それは、これもひさびさにエナジーリファインのタオルケットを使って眠ってみたのだが、どうも妙な変化があった。

 味覚が変わってしまっていた。特に煙草は怖ろしい変化で、別のある銘柄とそっくりな味に変化してしまった。

 とはいえ、そんな報告はメーカーにはないそうで、オレの独自の変化の方向だったのだろう。念のため、あとでもう一服吸ってみたが、確かにそうである。

 煙草の方が変化した、という可能性もある。だが、そういう場合、音で変化する場合が、経験上は多いのである。それで意地になって、CDもかけてみた、というのが、ひさびさの装置の稼働の理由。

 師匠の家など、CDをかけただけで、家の建て付けがよくなってしまった、とか、ピアノが自動的に調律されてしまった、という変化の例もあるので、味覚が変わるくらいは当たり前かもしれない。

 ただ、タオルケットの感想をエールーエンに聴いてみたところ、どうもオレが整えられ過ぎてしまうので、居心地がよくない、という。聖なる空洞としての眠りを追究するのも、自然にゆだねた方がいいのかもしれない。CDの方は良好だと彼女は言っている。

 きょうもこれから眠りを探求する。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2011-12-25 02:04

本当に止まるのか?

 師匠から、これから玄侑宗久師がテレビに出る、という。相方は、懐かしい民俗学の先生だった。姿を拝見するのは初めてだったが、非常に落ち着いた語り口で、玄侑師とぴったり時間の流れが合っていた。司会の人がやや早急で下品な感じも受けたが、まったくそれに影響されることがなかった。

 見届けたところで、師匠と感想戦になったが、当然、浜岡原発の話も出る。管は昔から、こういう芸当が好きな様だが、自分が生き残るために打った手かもしれない。それでも、浜岡原発が止まる、となれば、それは意味のある仕事である。

 実は、先日、先輩が疎開の帰りに寄ってきた、という原発は、浜岡である。宣伝・啓蒙のための施設は、やたらと、「安全」という言葉がとびかっていたそうだが、「夜は警備員が三人で安全です」と書いてあったというから、凄い。

 そもそも、原発を何人で守っているか、など、本来は極秘事項にあたることでもあるし、三人で守れる訳がない。十人くらいのテロ攻撃に遭えば、制御する電源部を破壊すれば、それでおしまいである。

 エールーエンも乱入して、「これはこれで一つの進歩になる」との評価。彼女も交えて、彼女が三次元で現れなかった反省会などする。

 オレが、ヘミシンクなりなんなり使って、オレの方が五次元に乱入する、という手も話したが、そのやり方ではダメだそうだ。以前、正体の分からないYou Tube上のヘミシンクを試したことがあったが、確かに、足の裏から、頭頂にかけて、物凄い勢いで、気というか、プラーナというか、磁力線の様にエネルギーの流れが感じられ、発汗も凄かった。

 後日は、それもナシで、ある程度、その体感を再現できた。だから、才能がない方ではないのだと思うが、それでは甘いそうである。ヘミシンクを、スピリチュアルのディズニーランドだ、と評した人のはエハン・デラヴィ氏であったが、とにかく版元のものを試すだけの予算が出ない。

 そんな訳で、淡々と生活することにしたが、師匠に指摘されたのは、オレの睡眠時間の長さは、結構、「空洞」体験のキーなのではないか、という話が出た。

 実は、ある女性に、ひさびさにメールを入れたのだが、彼女によると、物凄く何日も寝たそのときに、「聖なる空洞」というイメージを体感したのだという。それで、メールを見たらオレの「空洞」という題名だったので、驚いたという。意味のある偶然である。エールーエンとの対話も含めて楽しんで頂けたそうなので、よかった。

 空洞、は長い睡眠時間にあるのかもしれない。これは、聖なる空洞を意識した女性の体験と、オレの生活から考えると、充分にあり得る。エールーエンも、いま、そうだと言っている。睡眠が空洞のキーかもしれない。

 彼女は、オレのことを、「休む才能」と言っていたが、これは、彼女の名前をドイツ語風に書き直すと、休む力とか、落ち着きの力とか、ゆっくりする力、という風になる。

 そう考えてみると、確かに彼女は、オレの双子の魂の片割れなのかもしれない。「そうよ」と彼女はいう。

 オレが休んでいる間に、彼女は、自己の与えられた使命に奮闘しているのだ。オレも手伝いたい。だから、彼女と会う予定になっていたとき、三次元ではなく、五次元の姿できてくれたのには、ちょっとショックだった。

 オレが五次元に行く道というのはあるのだろうか。今生に。彼女は、「ある」という。

 という訳で、オレは、その準備のためにも、これから長い眠りにつくのである。きょうはそのために、エナジーリファインのタオルケットを久々に使おうか、と思って、夕方から整理をしていたのだが、全方位にあるものが、全方位に回転しただけ。行方不明になっていた本とか、多少出てきたが。

 はるとも、的ではなく、ゴルトベルク的に眠りに入ろう。聖なる空洞へ...


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2011-12-22 22:37

偶然の必然とはいえ

 火の鳥、と日本の戦後を続けて観るのはなかなかハードだ。今日も深夜から朝まで、日本の戦後があるが、からださんが持つのか...

 火の鳥は、もちろん原作とはずいぶん違うが、やはり彼女の言葉の問題を考えるには、観る必要がある、その時が今である。今回は半分くらいしかやらないが。

 日本の戦後は、実はこのところ、時々やっているが、まとめて観ることができるのは、今回の連休。右翼も左翼も、これを観ると何も言えなくなる、といういわくつきの作品である。1977年の作品であるから、物凄く古いものである。

 少なくとも、GHQというのが何をやってきたかがよく分かる。そして、これを観て歴史から学ぶということがあるとすれば、近い将来、これと同じことが繰り返される、ということである。

 3.11の震災と原発事故が、自然の災害ばかりとは思えないのは、日本の戦後を観ていて、よりその気持ちが強くなる。

 さて、これから、また彼女の言葉の読み直し。あまりに、途方もないことが出てきたので、自分がどうしたらいいのか、それを探す作業を続ける。それこそ、火の鳥に語りかけられる様な心境である。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2011-12-22 00:17
 しばらく地味な作業が続く。彼女のメッセージの本質を確認するために、彼女のことばだけを残し、自分の言葉などを、全て消去するバージョンを作っている。

 それだけでどうにかなる訳ではないが、自分が、彼女から受け取り、体現することが何であるのか、洗い直す。

 何でもない、そこにいる他者に対して、自分がどうするのか、あるいは、そいう他者とのすれ違いの連続に於いて、なんでもない場面で、何をするのか、それを洗い出す。

 彼女との対話は続くが、しかし、これからは、第二弾である。

 エールーエンは、この地味な作業のやり方でよい、と言ってくれている。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2011-12-20 22:53

火の鳥、観てしまった

「生きろ」

 と...


 その一言だけで、泣けた


  彼女との対話を読んで


   「火の鳥だ」


    と言ってくれた人が


     いた



   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2011-12-20 00:24