あるクラリオン星人のと対話


by bwv1001

<   2012年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 訳の分からない疑問であるが、題名の通りである。

 人はなぜ、人の話を聴こうとするのか、そう結論するのか、という問題である。

 これに対する妥当な答えというものを持ち合わせていないから、こうして書くのである。

 この問題は以前から意識していることであるが、最近特に「無努力」という言葉に行き着いて、その問題に行き着いたという面がある。

 無努力、という話から始めると、無努力とは許されぬ、という人もあると思うが、大切な視点であると思う。単純に言ってしまうと、自分の持っているもので生活、やりとりをしていく、ということであると思う。

 無努力、という言葉に嫉妬や敵意を覚える人がいるとすれば、それは、自分の在り方と才能に気づいていない、ということが、理由の一つとして考えられるだろう。

 無努力、というのは、自分がいちばん得意な分野でやりとりをする、という意味であると思う。あるいは、何もしない、という在り方を含むであろう。

 だが、日常的に搾取を、国家なりなんなりに受けている立場の人にとっては、無努力という言葉自体が許せないのであろう。断っておくが、無努力と、たとえば、金融工学の様なものは、直接的な接点はないと思う。

 あるいは、無努力は、無気力とも違うと思う。無努力は、無気力より積極的な概念であると思う。

 人の話を聴く、という態度に行き着いた人たちは、多分、無努力という在り方に繋がっているのだと思う。

 人の話を聴く、というのは、難しいことである。こんな難しいことを、自らすすんでやる、というのは、無努力という語感からは遠い気がする。だが、たぶん、人の話を聴く、という態度、というのは、本質的に、無努力という態度でなければ、成立しない関係なのであるのではないか。

 人の日常によくあることだと思うが、誰かの話を散々聴いて、それで、思った結果を得られないで、悔しく思う、ということはあるのではないかと思う。

 でも、それは、無努力ではなく、多分、努力の世界である。ムリをしていると言ってもよい。

 話を聴いて、思った結果になる様に、と思うことが、傲慢である。必要なことは、いま、ここで、誠実に聴く、ということだけであって、それ以上のことではない筈だ。ましてや、相手をコントロールしようということは、論外である。

 それなのに、人の話を聴く、という態度の志望者が出てくる、というのはどういうことか。プロでいうなら、カウンセラーとか、コーチとか、サイコセラピストとか、ケースワーカー、という役目に当たるだろう。

 だが、そうした人は、プロを目指す訳でもなく、自分という在り方から、お金にもならない、聴き手、となる役割をなぜ選ぶのであろうか。

 今日は、これについては、結論を述べるつもりではない。だが、この傾向について、少し書いておきたいと思っただけである。答えが出るのはまだ先のことであろう。

 自分が話している相手は、地球と同じ尺度で、オレの話を聴いてくれているのかどうか分からないので、これは例外にした方がよさそうだ。実は同じ動機があるのかもしれないが。

 セドナ・メソッドの講習会に行って、ちょっと考え込んでいることの一部である。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2012-02-17 23:04

自分を見つけることば

 こんなのがあった。自分を見つける言葉、と言ったらよいのだろうか。


「決して変化しないのは何?」

「いつも努力無しに存在しているのは何?」

「存在するのに言葉がいらないの は何?」

「形態がいらないのは?」

「場所がいらないのは?」

「全ての概念を超える物とは?」

「最初も最後も途中も無いものは何?」

「全ての時間と 空間を超えてるものは何?」


 全部が実感できる訳ではないが、悪くないと思う。

 特に、「いつも努力無しに存在しているのは何?」というのは好きだ。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2012-02-16 22:55

ワンネスの謎

 自分自身が時空を超える体験は日常になってしまったのだが、疑問がある。

 なぜ、全ての存在にアクセスしようとしてもできないのか、アクセス可能な人と、そうでない存在があるのか、それが疑問である。

 単純な話、過去の偉大な人と繋がるのはあっけにとられるほど、簡単な作業である。現在でも、偉大とされる人の一部に繋がることは、同様に簡単である。

 だが、身近であっても、意識が繋がることのない人たちがいる、というか、その方がどうも当たり前、というのが、腑に落ちぬ点である。

 時空を超えて、たぶん、全てであって、個でもある様なものに繋がることが可能になっているのだから、全ての存在に対して繋がることはできないのか。

 繋がるという過程は、いったん、ある上位の次元にアクセスすることによって、ある個と対話することが可能となる様だ。言い方を変えると、ワンネスにアクセスすることが、個にアクセスすることを可能にしている様である。

 言い方が、言葉だから矛盾するが、ワンネスにアクセスしている様なのである。ワンネスには自分も入る訳で、アクセスというのはちょっと違うのかもしれないが、自分がワンネスの一部であり、全てである、という実感よりは、アクセスするという感覚の方が近いかもしれない。

 しかし、アクセスと言っても、遠くにあるわけではない、これらの感じを最も的確に表しているのは、先生が練習でときどき仰る言葉である。それは、「そこにあるものを下さい。あなたにあるものを下さい。宇宙にあるものを下さい」という言葉である。

 下さい、という言葉がアクセス、という言葉に対応するかもしれない。

 これまで、先生が言われていることを体感で理解することはできなかったのだが、今は分かる。というか、自分がそれを体現している。そうとしか言えない。

 だからこそ、アクセスできない存在の共通項が何であるか、それを知りたい。逆にいうと、偉大とされる人たちとは、時空を超えてやりとりしやすいのは、偉大ということは、限りなくワンネスに近い個である、という意味なのだろうと思える。

 しかし、偉大ではなくとも、繋がることのできる存在というのもまたある。ここが問題だ。オレ自身に内在する何かが原因なのかもしれないし、別の理由があるかもしれない。

 ここでいう、ワンネス、というのは、あくまで借り物の言葉で、自分がワンネスを意識して何かしている、あるいは考えている、という訳ではない。適当な言葉で簡単な言葉があまりないので、ある程度流通しているワンネス、という言葉を使っているだけである。あまり厳密な意味で言っている訳ではない。

 先生の言葉がいちばん的を射ている。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2012-02-15 23:59

ある種の理想

1.不動心(imperturbability)
2.無欲(desirelessness)
3.無努力(effortlessness)
4.無行動(actionlessness)
5.目撃(witnessing)

 と挙げてみたが、これはオレが考えたんじゃない。でも、この3の無努力、というのがやたらと気にいって、ついでに全部挙げてしまった、という感じである。

 そのうち、これについて触れてみたい。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2012-02-14 22:31
 85年の作品らしい。初めて観た。今のオレだから、いろいろな意味が受け取れるのであって、封切りで観たら、分からなかったろう。

 しかし、小惑星衝突がテーマの番組のあとで、コクーンという映画をやるというのは、やはり、NHKの手口は怪しい。

 もちろん、このコクーンという作品だって、上手く作っているが、ある種の情報操作のためにハリウッドで作られたものなのだろう、と思う。これを作らせた側は、もう別の次元の存在とやりとりがあるから、それが人間にとっては危険ではないものの様に描かせたのであろう。

 現実はどうあるのか、というと、いまのところの自分の調べや経験からすると、この作品の様なのんびりした感じではないが、極めて近いうちに、違う次元との接触はあるのだろう。

 個人的には覚悟してる。ただ、作品と違うのは、永遠の命、という設定とは違うところだ。魂は永遠なのだろうが、それはまた違った形にうつろいゆくのだと思う。いつもが仮の姿なのだろう。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2012-02-13 23:10

真の狙いは何なのだろう

 最近、NHKは、ずいぶんと惑星衝突の話をしている。今もアポフィスという天体が地球と衝突する可能性が高いという番組をやっている。

 だが、おかしい。惑星Xの方が問題がとりあえずのところ大きいし、NASAも、その観測に力を入れている。また、NASAは、職員に対して、以下の様なメッセージを送っている。これは、惑星Xではなく、エレーニン彗星の関係だと推測されてもいる様だが、今回の大規模な天災の連続については、天体衝突よりも、近い問題である。以下、NASAのメッセージを載せている記事である。

http://www.y-asakawa.com/Message2011-1/11-message72.htm

 こんなものを見ると、NHKの番組は、近い、というか、現在の現実に対する目くらましをやっている様に見える。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2012-02-12 23:14

Stillness Speaks

原題はStillness Speaks 「世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え」を読み始める


 まだ、全部読んでいる訳ではない。しかし、この本は非常によさそうなので、幾つか、言葉を紹介しながら進めてみたい。

 まず、序文がよい。引用していく。全部転載してもいいくらいだが、引用する。

 『...あなたの探し物が、頭脳の「糧」とするための材料なら、それは、本書からは手にいれることはできません。魂の教師の教えの神髄も、本書のエッセンスも、ことごとく見失ってしまうでしょう。エッセンスは言葉ではありません。あなた自身の中で脈動している真実です。本書を読む際には、この点を心に留めおき、それを感じながら読むことを、お勧めします。...』


 『...本書は読了後、本棚にしまっておかずに、ぜひ折にふれてひもといてください。この本を生きてください。なによりも大切なことは、本を休ませてください。つまり、読んでいる時間よりも、本を温めること、いわば「熟成させること」に時間をかけるのです。読者の多くは、特に意識しなくても、内容を反芻しようと、段落ごとに休憩をとって、自然に「静止」したくなると思います。ノンストップで読み続けるよりも、休み休み読むほうが、ずっと効果的なのです。これは、筆者のわたしが保証します。そうすれば、休みなく思考活動を作動させてしまうという、旧来の条件付けられた習癖から脱却できるよう、本書があなたをサポートするでしょう。...』


 『古代インドのスートラは、現存する最古のスピリチュアルな教えですが、本書は、その現代版リバイバルとみなしていただいてかまいません。スートラとは、観念的な装飾を最小限に抑え、格言のスタイルをとった、パワフルな真実の書のことをいいます。...

スートラの特長は、なんといってもその簡潔さにあります。それは、必要最低限しか、思考を要しません。スートラの場合、「そこに書かれていること」よりも、「そこに書かれていないこと」、すなわち、それが指し示すことの方がはるかに重要なのです。

 本書にあいては、特に第1章「なぜ『心の静寂』が大切か?において、短い段落構成をとり、スートラのスタイルを再現してみました。本書のエッセンスを凝縮したものが第1章なのです。読者のなかには、この章を読むだけで、十分に意識の覚醒を得られる方がいらっしゃるかもしれません。他の章は、さらなる「道標」を必要とする方のための、バックアップのようなものです。』


 『古代のスートラと同様、本書もまた、私が「沈黙」と名づける、神聖な意識状態から誕生しました。ただ一つ、本書が、それらと一線を画している点があります。それは、本書は特定の宗教にも、スピリチュアルな伝統にも属さないことです。したがって、全人類の意識がダイレクトにアクセスできるようになっています。また、読んでいて、自分が「意識の進化」へと、せきたてられているように感じるかもしれませんが、それは、気のせいではありません。意識の進化が一握りの人間に限られた、いわば「プレミアム品」だった時代は終わりました。人類が新たなステージへと進むには、それが必定なのです。...』

 この様に、序文というか、本の使い方と機能の書き方は、面白い。

 エッセンスである、という第1章にしても、充分間合いを測りながらの編集で、20ページほど。実質は、10ページくらいか。

 それを、本を休ませながら読んでほしい、というのである。それだけでも面白い。

 きょうは、1章読んで、それから、たまたまであるが、東からのぼろうとしている丸い月を観た。そういう時間が、この本を読むにはいい様である。ゆっくりと、この本とつきあってみたい。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2012-02-09 23:08

AKB48が苦手なオレ

 別に、AKBの人たちが嫌い、という訳ではなく、もてはやされる構造とか、何でもやらせる、やってしまう、という商売の感覚が苦手なのである。

 AKBって、昔で言えば、「銀座の女」みたいなものである。容姿とか、物腰とか、品性とかではなく、所属=立場、で全てが成り立ってしまっているところが、コワイ。

 銀座の女に、女性として魅力があるひともいるだろうが、「銀座の女」という記号=立場が全てで、内容はナイ、という人もいるだろう。でも、銀座の女、という記号と立場、と、AKBというブランドは同じなんだろうと思う。特別べっぴんさんがいる訳でもなく、特別カワイイ子がいる訳でもない。その普通さが、客層にとってはリアルなのかもしれないが。

 ウチはCSとか観て、チャンネル回していると、彼女らの番組に出くわすことがある。ネ申テレビとかいう番組で、神テレビという意味なのであろう。とっても嫌な番組である。

 知らないところに連れて行かれて、無理難題をAKBのメンバーに押しつける、というもので、これがとっても嫌いなんである。

 どの様に嫌いかというと、無理な注文を「お前AKBのメンバーなんだから、やれ」みたいなのがイヤである。AKBって、素人さんだと思うんだけど、素人にムリなことをやれ、っていうのと、AKBである以上はプロだろう、って、ダブルバインドのそういう押しつけ方が嫌い。

 大きな会社なんかでもあるんだろうけど、銀座の女、みたいに、会社の名前をしょってる素人の社員にムリな注文を出すのが当たり前、みたいなのかイヤだ。会社に所属してるだけで、「お前、プロだろ。ウチの社員だろ」みたいな理不尽なことを言われて、ヒーヒー言ってるのが、まるで当たり前であるかの様に、人を扱うのと、AKBって同じなんだと思う。

 所属してるだけでプロ、みたいな論理の倒錯が生む構造がイヤだ。でも、所属してると銀座の女という立場はできるから、メンバーの人もギラついてるんだな。それがイヤだ。

 自分のイヤなことでも、関係ないことでも、「イヤだ」って言えないのがイヤだ。だから、倫理的におかしいことでも、何でもやる人間になる。それがイヤだ。

 先日、ミクシィのニュースにも出ていたが、AKBのメンバーの着用済みの衣装をオークションに出したら、10億以上のお金を出した人がいるそうだ。それに対して、怪しい、というので、10億以上だした人には売らなかったそうだ。

 この企画は、震災のチャリティとして行われたものだそうだ。制服を売るというのは、死語かもしれないが、ブルセラショップみたいなイメージも受ける。そんなことまでメンバーにやらせる。でも、チャリティで10億だったら、なんで落札させなかったんだろう。それで救われる人だっているだろうに。

 自分からブルセラまがいのことを仕掛けておきながら、10億出されたから怪しいと思った、というのは、筋が通っていないと思う。あくまでチャリティなんだから。

 とはいえ、制服欲しさに10億出すとしたら、ヘンな人なんだろうと思う。でも、普段メンバーに、「お前たちはAKBなんだから、何でもやらなきゃダメだ」とプロデューサーは指示するんであろう。

 そのプロデューサーといえば、美空ひばりさんの、最後の曲の作詞をした人だが、美空ひばりさんに対して、録音で、唯一ダメ出しをした人でもある。

 つまり、このプロデューサーは、自分の立場をつくることに長けている人なんだと思う。いつも一発OKのひばりさんに対してダメを出すだけで、立場が逆転してしまうことをよく知っていた人だと思う。

 彼が、プロの芸人ではなく、年端もいかない素人を使うって、これも価値の転倒の芸だと思う。でも、それってあんまり健康なことじゃないと思う。素人に応募させて、素人にプロの芸人さんがやることをさせる、って、犯罪的だと思う。大きな会社ではよくあることかもしれないけれど。

 保安院だって、あの以前出ていた人は、原発のプロでもなんでもない。経産省の官僚というただのド素人である。所属していれば、どこにまわされてもプロにさせられる、仕立てる、というのがAKBの論理とまるで同じなんである。

 学校出ようが、それまでの教育なんか意味がないから再教育してやる、という日本の企業の傲慢な体質は、たぶん、AKBのプロデューサーと同じ論理なんだろう。

 原発事件で、経産省や農水省に電話をかけてみたが、やっぱり本質的なところで、倫理観を欠くバカであって、その人たちが、かつての学童社会の中で優位に立っていた、というのは、実に怖ろしいことである。そんな倫理的にバカな存在を再生産するなら、学校教育などやめた方がいい。この惨事に、福島の教師や教育委員会が、子供の疎開すらさせないのをみれば、学校教育に携わる彼等もまた、倫理的にバカであることは明白である。


 戻って、AKB48という在り方の最大の特徴は、要求された問いには必死で答えるが、自分から自分がやっていることに疑問を持てない、自分の疑問を投げかけない、あるいは、疑問を持たない様にされている、ということであろう。

 AKB48という存在は、なるほど、日本と同じ仕組みで動いている学童社会であるから、受けがいいのであろう。そうでなければ、二十歳をこえたメンバーが女子高生の制服など着て参加する訳がない。学童社会の典型がAKB48なのであろう。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2012-02-09 01:19

節電、という洗脳

 こんな記事があった。

http://www.mynewsjapan.com/reports/1453

 東電は偽の電力使用状況を垂れ流している、と認めている様だ。

 電力がいるのは分かる。夏で、冷房も必要だ。だが、なぜ東電はごまかすのか。

 同時に思うのは、東電の節電の話というのは、ほとんどB-29が竹槍で戦っているのと同じであり、企業や官庁もなぜ、そんなセンスのないやり方に足並みを揃えるのか。

 先日、役所に行ったら、二階までのエスカレーターは止まっていて、建物には近い階段もなく、エレベーターは大混雑だった。これって節電にも何にもなっていないんじゃないか。何ともバカらしい。

 地下鉄でもそうだが、駅名を照明で表示するコルトンまで電気が消えている。何を考えて節電と言っているのか。

 本当に必要な電力というのがどれくらいあるのか、ということは、東電は明らかにするつもりがないのであろう。あるいは、把握はしていないのだ。本当に停電して困る施設はいくらもあろうが、そのデーター自体が、水増しでいい加減なものである以上、協力する意味はない。詐欺といって良い。


 余談だが、東電の電力が何故高いか、というのを、東電自体が説明したときも、また東電による詐欺行為があったと自分は理解している。

 それは、何年前か忘れてしまったが、荒川だったと思うが、大きなクレーンを積んだ船が、実に間抜けなことに、クレーンを上げたまま川を上っていったら、高圧線に接触して、都内が機能をマヒさせた事件があった。

 それ以前に、たまたま、東電の料金が何故、他の国に較べて異常に高いのか、という質問に東電が答えたことがあった。

 東電が言うには、「東電の電力料金が高いのは、他の国と違って、ひとつの高圧線のルートが失われた場合でも、他のルートで電力を供給しているので、万一の事故があっても、送電が滞ることはない」という説明であった。

 この説明が真っ赤なウソであったことは、この荒川のクレーンと高圧線の接触による、都内の機能マヒという事件によって証明できる。

 ということは、東電の電気料金が高い理由も、ウソであり、詐欺行為であったということになる。

 原発だけではなく、高圧線の管理運営についても、東電はウソをついていたのである。



 とはいえ、東電に対して、実力で抗議する人たちがいない。子供は学校、両親は共稼ぎ、となると、抗議に行くとしたら、老人しかいないではないか。

 なぜ、老人は、自分の子供や孫のことを考えないのか。いまや老人の人口が多いのだから、都内の老人だけでも、まとまって、首相官邸なり国会なり民主党なり東電なりに押し寄せれば、これは現状に対する説得力がある筈だ。なぜ、老人たちはそれをサボるのか。あるいは、そういう発想はないのか。

 自分たちの世代のやってきたことに罪悪感を感じている老人は、なぜか、そういう作業を飛び越してしまい、福島原発に乗り込んで作業をする、とか言い出す。それも極めて少数だ。

 その前に、老人には、やるべきことがあるんではないだろうか。いまはまだ、年金がそれなりに出る時期の世代は、自分の今成すべきことを考える必要があると思う。

 首相官邸、国会を老人たちが何万人も取り囲む、ということが起これば、その世代に対する見方も変わると思う。尊敬できる老人というのは、あまり見たことがない。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2012-02-07 23:45

月に一度のカレーの日

 カレーを人様に作っていただいて食べる、という日である。毎月、作る人が違うので、そこからその家庭の文化の背景の様なものまで感じてしまう。

 きょうは、鶏さんのカレーであった。カレーの辛さとか、コクとか、月によって全くちがう。今日は、バランスで勝負してきた、という内容だった。鶏肉さんは、すこし大きめに切ってあり、それだけでもボリューム感が出る、ということを学んだ。

 この時期にカレーを自分でも作りたいことはやまやまなのだが、傷む可能性があって、あまり作らない。お客さんを呼べる状態ならまだしも、カレーの前に、このカオスというべき部屋では、お客さんが傷んでしまいそうな気がする。

 先日、ミクシィの記事であったと思うが、カレーを傷まない様に保存する記事が出ていた。おいもさんを入れない、というのはよく言われることだが、オレは、おいもさんを入れないカレーなど考えられないので、それではカレーを作る意義がない。

 紹介されていたのは、あら熱を取ってから、平らに薄くのばして、冷蔵庫で急冷、というものであった。残念ながら、ウチの小さく古い冷蔵庫では、ちょっと合っていない様な気がする。どうしてもやるなら、バットが必要だとおもう。バットをちがい重ねにして、表面積を拡げるくらいしか手がないであろう。

 他人のウチに、はかせなべを持って出張して一緒に食う、という方が、気が楽だ。たまにそういうことをしている。

 とはいえ、食材が放射性物質で傷んでしまっている今では、真っ当に食材を買ってくる、という気がおきないのである。

 食材が豊富に並んでいても、資金があったとしても、お野菜に手がでない。産地が本物であるかどうか、米国資本で安売りの西友などでは、買う勇気がない。どうして主婦の人たちは、平気でカゴ一杯に食材を買えるのだろう。

 普段は納豆と玉子さんで一日一食、とお豆腐で半食くらいで、料理の夢というのはなくなりつつある。ましてや、放射線量の高い汚泥を肥料に混ぜろなどという農水省の存在があるのだから、これから一層食べるものもなくなるのである。

 これについては、農水省に電話をしたが、その発表の原因を作ったのが、原子力安全委員会の丸投げにあることがほぼ分かったので、そちらにも電話を入れてみたのだが、今日は会議でつながらなかった。

 原子力安全委員会が丸投げし、農水省が丸投げし、生産者にまで丸投げさせようという構図が、今日分かった。これは、また、原子力安全委員会の話を聴いてから別の記事にしたい。

 たぶん、こういう丸投げの連鎖があるのであって、そのためには、構造を変えるか、それとも、一人一人が自分だけで生きて行くように考え方を変えるしかないのだろう。

 このままでは悔いが残るので、原子力安全委員会にとりあえず聴いてみたい。ちなみに、安全委員会は、直通の電話というものがなく、内閣府の代表電話にかける仕組みになっている。そのことを知っただけでも、機能不全の委員会であることは、想像できる、が...

 ネットや新聞で見るよりは、直接聴いた方が、とんでもない情報が入るものだ。

 カレーも安心して食えない国なのである。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2012-02-07 00:29