あるクラリオン星人のと対話


by bwv1001

<   2012年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 古い番組だが、エハン・デラヴィ氏の2012年問題関係の番組を観た。天災の急激な増加は当たっているし、日本もまた震災と原発事件を体験している日々である。

 とはいえ、2012年を問題としてみるか、あるいは、新しい世界の到来と見るかによって、ずいぶんと精神的な態度も違ってくるのだと思う。

 新しい世界、というか、意識の到来、とすれば、アセンション、次元上昇、というのが、この2012年のカタルシスと同時に起こる、という説がある。

 実は、自分は、アセンション、ということがあんまりよく分からない。ただ、五次元存在と対話している、ということもあってか、三次元存在である自分というものが、如何に不自由か、ということは実感している。

 そんなオレにも、きのう、妙なことが起こった。ブラームスのドイツレクイエムを練習していて、ハルマゲドンのラッパが吹かれるあたりから、妙に、アセンション、ということのイメージができてしまったのである。

 それは、ドラマとしてのカタストロフ、というものではなく、アセンション、という感覚が妙に体感として理解できてしまったのである。もちろん、そのときアセンションを体験した、という訳ではないが、腑に落ちた、のである。

 オレもインディゴだというので、アセンションする可能性は高い方なのかもしれないが、そういう意識とは別に、何となく分かってしまった。それが、いいことなのか、そうではないのかは分からないが。

 その経験がきのうのことで、今日、偶然に2012年問題の番組を観ると、妙に色あせて見えたのである。もちろんそれは、番組が古いから、現在はもっと状況が進んでいる、という理由もあるかもしれない。

 ただ、そうではなくて、何か違う。自分がどこかで変わってしまっているのだ。それはまだ言葉にできないのだが、ある意味ですっきりしてしまったのである。来るなら来い、というのとも違う。すっきりした、という言葉の方が近い。

 震災と原発事件を体験して、オレも被爆者となり、次になにが来てもおかしくない、とは思う。覚悟はいつもしていたのだが、この短い時間のなかで、覚悟、という力が抜けて、開き直りでもなく、何かの意識に変わったのだ。

 敢えていうなら、暗くなったら寝て、日の出と共に目覚めたい、という様な感覚かもしれない。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2012-02-05 22:43

農水省の無能と犯罪

 呆れてものが言えないことの多い日本国だが、農水省も凄い。

 原発事件以降、比較的最近になって報道されている、放射性物質の濃縮された汚泥であるが、農水省の「おたっし」としては、肥料として、全国にばらまくそうである。

 経産省や文科省も凄いが、農水省も凄い。

 ここまでバカだと、ひょっとしたら、オレはまともな方の人間かもしれないと思えてくる。

 原発も、またどうせ地震が来て、保安院が出て、どこぞの電力会社が出て、無能な首相に恵まれて、オレたちは、そういう人たちのまきぞえになるだけだ。

 日本には、国家というものが存在しない。そのくせ、利権にはうるさい。人命は守らないし、生き残った人の避難誘導さえまともにできない。

 日本国って、なに?

 たぶん、ただの野蛮国なんだろう。

 にげなきゃ。日本国から。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2012-02-04 23:15

他流試合を体験したい

 オレからすれば、他流。相手からすると、自分が正式。という講座を受けに行くことにした。セドナ・メソッドの講座である。

 オレからすると、安くはない金額なのだが、相場からすると安価で、都内でセッションを受けられる。この期を失っては、もう正式と接するチャンスもあるまい、ということで応募した。

 我流のハイブリッド・セドナメソッドに対して、正式はどんな風にやっているのか、よく勉強して来ようと思う。

 セドナ・メソッドのいちばん難しいところは、実は、自分の感情が何であるかを理解することなのではないかと思う。少なくとも、オレの場合はそうである。そのために産み出した我流が、ハイブリッド・セドナメソッドである。

 また、その感情が、自分さんのどの部分の訴えであるのかも特定することができる。潜在意識さんなのか、からださんなのか、頭脳さんなのか、など、の訴えであることを理解し、その感情や感覚が起こる原因がどこにあるのかを、つきとめることができる。

 尤も、本家のものは、どこの問題であるか、など理解しなくても、何故よくなったのか分からなくともいい、という価値観であろうから、オレみたいに、よくなった証拠を求めるという点に重きを置いてはいないのだと思う。

 それと、どのくらい、その問題について、解放ができているかを知ることもできる。

 こう書くと、オレのやり方は複雑そうだが、むしろ、多分簡単である。その違いを体験したいと思っている。

 ハイブリッド・セドナメソッドは、効率もいいと思うが、まだ自分を実験台にしている最中である。

 一般的に使えるものかどうかは分からない。ましてや、オレがインディゴであったことが判明したものだから、オレが特殊なだけかもしれないのである。オレの対話など、やっぱりまだ、特殊事例の域を超えてないのだろう。彼女は、インディゴだから話しやすい、とも言っている。特殊は特殊を受け入れて生きていくしかない。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2012-02-03 22:52

安井武先生の死

http://www.jiji.com/jc/c?g=obt_30&k=2011070200161(現在は記事なし)

演出家でいらしたが、オレにとっては、フェルデンクライス・メソッドの先生だった。

 最初に古書店にあった「フェルデンクライス身体訓練法」という本を何となく手にとると、非常に納得のいく、人間の成長と自己教育についての章があって、買った。

 自分でやってみると、非常に効果があり、特に、楽器を弾くとき、普段の自分とは別人の様に弾ける様になるし、自分のイメージした音楽を実際の音にすることができた。一日30分間しか楽器で効果を証明することはできなかったが、「自分と自分は繋がることができる」ということを証明する、希有な時間であった。

 自分でやってみていて、レッスンを受けることにしたのは、それからかなり時間が経ってからだった。

 いつもの様に、細部に最新の注意をはらいながらレッスンを受けようとしたが、そのとき、安井先生は、「君は求めすぎる」と一言言われた。

 最近、声のレッスンを受けるチャンスがあったのだが、参加できなかった。師匠が参加したが、その素晴らしさと同時に、先生はガンで体調が悪い、ということを聴いた。

 最近、なかなか近くのレッスンにも通えなくなっていた折であったが、残念なことである。

 安井先生によるフェルデンクライス・メソッドの紹介がなければ、オレは、自分に希望を持つことの実感を持てなかったと思う。

 感謝と共に、謹んでご冥福をお祈りしたい。


   2011年3月11日以降の日記より
[PR]
by bwv1001 | 2012-02-01 22:10